左岸族 presents

マヂカデミルゲキ#1

2021/12/12 Sun @コモンカフェ(大阪市中崎町)

 1st STAGE 13:00開場/13:30開演
2nd STAGE 15:00開場/15:30開演
2nd STAGE終了後、2カンパニーによるAfter Talkあり
Ticket 前売1,000円/当日1,200円

マヂカデミルゲキ tweet >

無名劇団  「最古のパン屋さん(新作)」

VS

●左岸族「カトクタイ(新作)/左岸狂言鱒釣」

大阪市内の2カンパニーが短編演劇を持ち寄って対バン形式で行う、ショーケースイベントです。
小空間で、ドリンク片手に、久しぶりの「目の前で人が演じる」に会いに来てください! 

▼チケットは参加カンパニー、もしくは、左岸族お問い合わせまで!

▼▼趣意・仕様書はこちら (10/29 v3 タイムスケジュールの誤りを修正)
▼▼▼制作日誌はこちら→ 

 

※ヒポポクラテスはよんどころない事情のため参加見送りとなりました。楽しみにしていたみなさん、ごめんなさい! 

無名劇団

 日本の近代文学をモチーフに現代社会を切り取る「無名稿シリーズ」
実体験をモチーフに日常の生き辛さに寄り添う「私戯曲シリーズ」を展開
 
2020年、西成・鶴見橋商店街の空き店舗を改装し、アトリエを開設
商店街とコラボし、劇場公開映画製作も行う

2021年11月21日よりアトリエ公演 「ここが西成、鶴見橋商店街」編を商店街で連続上演。この企画の隙間を縫って、マヂカデミルゲキ#1に参加

space×drama2015 優秀劇団選出 、2016年 ウイングカップ6 優秀賞受賞、 2017年度アイホール次世代応援企画break a leg参加

マヂカデミルゲキではカフェ空間を活かした新作会話劇を劇団俳優総勢5名で制作

左岸族

2020年旗揚げ、50代の男性俳優2名によるベリースモールカンパニー
2021年、「左岸狂言鱒釣」「さがんをゆくバスで」を制作発表。テーマや表現形にとらわれず作りたいもの、見せたいものを今ある身体で作劇する

マヂカデミルゲキでは、左岸狂言鱒釣コモンカフェバージョンと新作短編「カトクタイ」をお披露目